はじめに

3.1. ユーザ インターフェース

ユーザ インターフェースは、次の要素から構成されます。

  • 画面最上部に表示される メニュー バー

  • メニューバーの左下に 検索バー が表示されます。フォルダ ツリーとともに有効化または無効化ができます。

  • ツールバーの左側に表示できる フォルダ ツリー

  • メニューバーの右下に ツールバー が表示されます。このツールバーには、固有の機能、表示エリアのビューを選択する機能があります。

  • 残りの領域には 表示エリア が表示されます。

  • 実行する操作に応じて表示エリアに表示される ポップアップ ウィンドウ通知エリア

  • 青色で表示されるクリック可能なテキスト

  • キーボード を使用して、ユーザ インターフェースの各種機能にアクセスすることも可能

一例として、メール 機能に使用されるユーザ インターフェースのスクリーンショットを示します。

メニュー バー

[参考] メニュー バー

コンテンツ

  • メール などの機能を起動するためのボタン。カレンダー

    メール ボタンの横に、メールフォルダの未読メール数が表示されます。

  • 新規メールの作成や予定の編集などの操作に応じて、ボタンがさらに表示される場合があります。

  • 未読バッジ アイコン。予定されている予定の新規オブジェクトの数を通知します。アイコンをクリックすると、通知エリアが表示されます。

  • 最新の状態に更新 アイコン。サーバからオブジェクトを再読み込みします。このアイコンをクリックしない場合でも、オブジェクトは定期的に更新されます。

  • ヘルプアイコン。ヘルプページに関したコンテキストが表示されます。現在の機能によって、オンラインヘルプのそれぞれのヘルプページが表示されます。システムメニューからオンラインヘルプを表示することもできます。

    ヒント: ダイアログウィンドウにもヘルプアイコンがある場合があります。アイコンをクリックすると、ダイアログウィンドウの各ヘルプが表示されます。

  • システムメニュー アイコン。メニューが表示され、

    • 設定設定をカスタマイズできるページが表示されます。

    • マイコンタクトデータ アドレス帳にある自身の連絡先データを編集できるウィンドウを開きます。

    • ヘルプオンライン ヘルプが表示されます。

    • ログアウトBIGLOBEメールからログアウトします。

検索バー

検索バー

検索バーを表示するには、ツールバーで表示をクリックします。フォルダビュー を有効にします。

コンテンツ

  • 検索用語の入力フィールド

  • 検索アイコン。検索を開始

  • 検索メニュー機能によって、検索パラメータが異なります。

検索結果は表示エリアに表示されます。

ツールバー

ツールバー

ツールバーはメニューバーの下に表示されます。

コンテンツ

  • 新規のメールや連絡先など、新規オブジェクトを作成するためのボタン。

  • オブジェクトを編集するためのボタンまたはアイコン。

  • 機能によっては、その機能固有のボタンまたはアイコンが使用できます。

  • アクション アイコン このアイコンをクリックすると、次の要素がメニューに表示されます。オブジェクトを整理するための機能固有の機能が表示されます。

  • 表示 ボタンビュー ボタンには、表示エリアのレイアウトを変更するための機能とフォルダツリーを表示したり、非表示にするための機能があります。

フォルダ ツリー

フォルダーツリー

フォルダーツリーを開いたり、閉じたりするには、次のいずれかの方法を使用してください:

  • ツールバーで、表示をクリックします。フォルダ ビュー を有効にするか無効にします。

  • 左下にある フォルダ ビューを開く アイコン または フォルダ ビューを閉じる アイコン をクリックします。

コンテンツ

  • 機能に固有のフォルダ

  • 機能に応じて表示されるフォルダ

  • 選択したフォルダの隣にあるフォルダアクション アイコンフォルダの管理 を行うための機能を提供します。フォルダに応じて、さらに機能を使用できる場合があります。

    ヒント: フォルダを右クリックして、フォルダ アクションにアクセスすることもできます。

  • 機能に応じて、さらに詳細な機能を使用できます。

表示エリア

表示エリア

コンテンツ

  • オブジェクトの一覧一覧の上には、オブジェクトの選択やソートを行うためのコントロールが表示されます。

    一覧で選択したオブジェクトの詳細は、詳細ビューで表示されます。

  • オブジェクトのアイコンビューオブジェクトをクリックすると、ポップアップ ウィンドウが開きます。オブジェクトの詳細がポップアップで表示されます。

表示エリアのビューを変更するには、表示ボタンを使用します。このボタンは、ツールバーにあります。

ポップアップ

ポップアップ

オブジェクトの詳細を表示します。ポップアップを表示するには、表示エリアに表示された、BIGLOBEメールのオブジェクトをクリックします。表示エリアに表示されているメールの差出人名をクリックすると、次の要素がポップアップで表示されます。

  • 差出人の連絡先データをフォルダへコピーするなど、特定の操作に関するボタン

  • 差出人の連絡先データ

  • 関連情報 (例: この差出人とやりとりしたメールのスレッド)

これらのユーザ関連データは、ハロー ビュー と呼ばれます。ポップアップの特定のオブジェクトをクリックすると、さらにポップアップが表示されます。ポップアップを閉じるには、画面右上部にある 閉じる をクリックします

通知エリア

通知エリア

次のオブジェクトに関する情報が表示されます:

  • 未完了の予定のアラーム

通知エリアを表示するには、未読バッジアイコンをクリックします。通知があれば、アラーム表示されます。ここでは、次の機能が利用できます。

  • 通知を削除することなく通知エリアを隠すには、閉じる アイコン をクリックします。

    メニューバーのアイコンをもう一度クリックしてもかまいません。

  • もう一度アラームが必要な場合は、後で再通知をクリックします。