メール

5.1. メールの画面構成

検索バー

メールの検索ができます。

フォルダ ツリー

メールフォルダを表示します。

コンテンツ

  • 受信箱:既定では、全ての受信メールはこのフォルダで受信されます。

  • 下書き:下書きとして保存されたメールが表示されます。

  • 送信済み:送信したメールが表示されます。

  • 迷惑メール:迷惑メールフォルダオプションをご購入の場合、BIGLOBEサーバが判定した迷惑メールがこのフォルダに入ります。

  • ゴミ箱:削除したメールが表示されます。

  • アーカイブ:アーカイブしたメールが表示されます。(この機能を初めて使用した際に作成されます。)

  • マイフォルダ:作成したメールフォルダが表示されます。

機能

  • フォルダ内のメールの数を表示するには、フォルダ名にマウスのポインタを置きます。メール数がヒントとして表示されます。

  • フォルダをクリックして、そのフォルダにあるメールを表示

  • 選択したフォルダの隣にある フォルダアクション アイコン を使用して、データの整理やアプリケーションに固有のフォルダ機能を実行

  • フォルダの下にメールアカウントを追加するメールアカウントを追加ボタンがあります。

カテゴリバー

受信箱フォルダ内のメールに対する既定カテゴリを表示します。これにより、受信メールを差出人で分類されたカテゴリに割り当てることができます。

注意

  • カテゴリは、ツールバー表示メニューの「カテゴリを使用」のチェックを外すことで無効にすることができます。

  • カテゴリの数、名前、順番は既定です。カテゴリの名前を変更したり、無効にすることができます。

機能

  • カテゴリをクリックするとそのカテゴリに割り当てられたメールしか表示エリアに表示されません。

  • カテゴリをダブルクリックする、または右クリックすると、ウィンドウが開き、カテゴリの名前を変更したり、無効にしたりできます。

詳細は、下記を参照してください。

ツールバー

次のことが行えます。

  • 作成:新規メール を作成します。

  • 選択したメールに返信およびメールの転送用アイコン

  • 削除アイコン:選択したメールを 削除 します。

  • 迷惑メール連絡アイコン:選択したメールを 迷惑メール連絡をします。(迷惑メールブロックサービス利用者のみ)

  • 誤判定連絡アイコン:選択したメールを 迷惑メール誤判定連絡をします。(迷惑メールブロックサービス利用者のみ)

  • 移動アイコン:メニューを表示し、メールをカテゴリに移動できます。このアイコンは、カテゴリバーが表示されている場合にのみ利用可能です。

  • 色を設定アイコン:表示されるメニューからメールにカラー ラベルを割り当てます。

  • アーカイブアイコン:選択したメールをアーカイブします。

  • アクション アイコン :このアイコンをクリックすると、下記の「アクションメニューの機能の操作手順」の内容が表示されます。

  • 表示ビューを変更するチェックボックスのついたメニューが表示されます。

    • リストビューおよび詳細ビューのレイアウトを定義:垂直分割水平分割リスト

    • リスト:メールの一覧が表示されます。詳細ビューを表示するには、メールをクリックします。詳細ビューの上には、ナビゲーション バーが表示されます。

    • カテゴリを使用:カテゴリバーを表示したり、非表示にします。

    • 構成...:カテゴリバーを設定するためのダイアログウィンドウを表示します。

    • フォルダビュー:フォルダ ツリー を表示したり、非表示にします。

    • チェックボックス:一覧のオブジェクトに印を付けるチェックボックスを表示します。

    • 連絡先の写真:一覧のそれぞれのメールの隣に差出人の写真が表示されます。ただし、差出人がアドレス帳に写真を保存している必要があります。

    • 受信日時:メールを受信した日時を表示します。

    • メッセージサイズ:日時の代わりにメールのサイズを表示します。

表示エリア

表示エリアには、メールの 一覧詳細 が表示されます。レイアウトを選択するには、ツールバー表示ボタンをクリックします。

リスト

現在のフォルダにあるメールの一覧が表示されます。カテゴリを使うと、選択されているカテゴリのメールが受信箱に表示されます。

コンテンツ

  • 各メールの次の詳細情報が表示されます:差出人、件名、受信日時、サイズ。未読のメールは 未読 アイコン で表示されます。

  • 添付ファイル アイコン、カラー ラベル、スレッド内のメール数、優先度も表示されます。

機能

  • 複数のメールを選択するには、ツールバーの表示ドロップダウンメニューのチェックボックスを有効にします。

    このとき、ご利用のシステムの複数選択機能を使用することもできます。

  • 現在選択しているフォルダ内に表示されているすべてのメールを選択するには、一覧の上にある すべてを選択 チェックボックスを有効にします。

    注:すべてを選択 チェックボックスを選択すると、フォルダ内に表示されているすべてのメールしか選択されません。指定された上限をメール数が超えた場合は、待ち時間を短縮するため、フォルダ内の一部のメールのみがサーバで読み込まれます。フォルダ内のすべてのメールを表示するには、一覧の下にあるチェックボックスを選択します。すべてのメールがサーバで読み込まれるまで待ちます。

  • 一番の上にある ソート条件 ボタンをクリックすると、メールをソートする項目がメニューに表示されます。

    すべてのメール スレッドを一つのアイテムにするには、スレッド チェックボックスを有効にします。これは、ソート条件 にあります。

    選択されているメール フォルダにソート設定が適用されます。フォルダごとに異なる設定を使用できます。

  • メールをクリックすると、その内容が 表示エリア に表示されます。

一覧の幅を調整するには、一覧と詳細ビューの間にある境界線にマウスのポインタを置きます。双方向矢印が表示されます。境界線を左または右にドラッグします。

詳細ビュー

一覧で選択したメールが表示されます。

コンテンツ

  • 件名

    メールが会話ごとにソートされている場合は、会話内のメール数が件名の下に表示されます。会話内にあるすべてのメールを表示したり、非表示にするには、すべてのメッセージを開く/閉じる アイコン をクリックします。差出人と受信日の間の空いている領域をクリックすると、メールを開いたり、閉じたりできます。

  • 差出人の写真 (利用可能な場合)

  • 既読アイコン。ステータスが既読から未読、またはその逆に変更されます。

  • 差出人の名前宛先の名前存在する場合は、他の宛先名前をクリックすると、ポップアップが表示されます。連絡先に関する情報が表示されます。

  • 受信日時

  • 色を設定アイコン。表示されるメニューからメールにカラー ラベルを割り当てます。

  • よく使われる機能:クイック 返信全員に返信転送削除

  • アクション アイコン このアイコンをクリックすると、次の要素がメニューに表示されます。編集機能のあるメニューが表示されます。

  • アクションメニューの機能の操作手順

    返信
    迷惑メール連絡、誤判定連絡
    新規メールを送信
    グループとして保存
    移動
    コピー
    アーカイブ
    印刷
    ファイルとして保存
    ソースを表示
    フィルタルールを作成
  • メールにファイルが添付されている場合、次の要素が表示されます。

    • 添付ファイルアイコン . このボタンをクリックすると、添付ファイルがアイコンまたはリストで表示されます。

    • 機能 を複数の添付ファイルに一度に適用します。

    • タイルリスト添付ファイルがタイルまたはリストで表示されます。特定の添付ファイルに機能 を適用するには、リストビューの目的の添付ファイルの名前をクリックします。

  • 送信済みアイテムフォルダ内のリンクとしての添付ファイル付きのメールを選択すると、添付ファイルについての情報はメールの上に表示されます。

  • メールの本文

    過去のメールの引用には、行の最初に印がつけられます。引用が一部だけ表示される場合、引用文を表示アイコンを使用して、引用全てを表示できます。

ポップアップ

詳細ビューの差出人または宛先の名前をクリックすると、ポップアップが表示されます。

コンテンツ

  • よく使われる機能のボタン:

    • この連絡先がアドレス帳にまだない場合、アドレス帳に追加が表示されます。ボタンをクリックすると、新規連絡先用のページが開きます。

    • メールを送信新規メールを特定のユーザに送信するためのページが表示されます。

    • 連絡先が個人用アドレス帳に保存されると、編集が表示れます。ボタンをクリックすると、連絡先を編集するページが表示されます。

    • 削除アイコン名前をつけて保存に表示される連絡先をアドレス帳から削除します。

  • 追加アクション アイコン ボタンをクリックすると、連絡先を整理するためによく使われる機能のメニューが表示されます。

  • ユーザの連絡先データ

  • このユーザの連絡先データが保存されると、連絡先データの入ったアドレス帳へのパスが表示されます。

  • 相手とメールをやり取りしたことがある場合は、そのメールを 最近のスレッド の下に表示

メール作成または編集の表示

このビューは新規メールを作成したり、メールの下書きを編集するときに使用されます。

コンテンツ

  • メール作成または編集時、下記メニューが画面の上または下に表示されます。

    • 送信:必要な入力項目が完了したら、このボタンをクリックして、メールを送信します。

    • 保存:このボタンをクリックすると、現在のメールの内容が下書きフォルダに保存されます。

    • 破棄:処理をキャンセルするには、このボタンをクリックしてください。次のダイアログウィンドウで、オプションの選択が可能です。

  • 差出人のアドレスは、差出人の横に表示されます。ご利用可能なメールアドレスやアカウントの設定によって、様々な差出人アドレスが選択可能です。差出人のアドレスを選択するには、アドレスをクリックします。

  • 宛先:入力フィールドこのフィールドで1つまたは複数の宛先を入力してください。宛先を入力しているときに、宛先の候補が表示されます。候補を選択するには、その候補をクリックしてください。

    他の宛先にコピーを送るには、入力フィールド右側のCC または BCCをクリックします。候補の入力フィールドのコピーまたはブラインドコピーの宛先アドレスを入力します。

    宛先またはCCBCCのいずれかをクリックすると、宛先を選択できるリストが表示されます。

  • 件名:入力フィールドこのフィールドにメールの件名を入力します。

  • 添付ファイルボタン:このボタンをクリックして、ローカルファイルに保存されたファイルを追加します。

  • 署名ボタン:メール本文に署名を追加するかを指定できます。ボタンをクリックして、署名を選択、または削除してください。メール設定で、署名を作成、または編集できます。

  • オプションボタン:このボタンをクリックして、メールの本文形式、優先順位、宛先の読み込みのオプションを設定します。

  • メール本文の入力フィールドフィールドに本文を入力します。オプションでHTML形式を選択した場合、テキストの初期化または画像の追加が可能です。