このドキュメントについて

1.4. 用語

このドキュメントで使用されている用語を次に示します。

アプリケーション

特定の機能を提供する構成要素です。例: メールアプリケーションで、メールの送受信や整理ができます。

オブジェクト

ユーザが作成、構成できる実体です。例: メール、連絡先、予定、ファイル、フォルダ。

機能

ユーザが実行できる動作です。例: メールの送信、予定の削除。

ユーザ インターフェース

BIGLOBEメールのユーザ インターフェースです。ユーザ インターフェースは、個別の要素から構成されています。

要素

ユーザ インターフェースの要素です。例: ウィンドウ、ラベル、ボタン。

システム ウィンドウ

オペレーティング システムの特定の機能を提供するダイアログ ウィンドウです。例えば、印刷、メールの添付ファイルを開く、ファイルの選択などの機能があります。システム ウィンドウの外観は、ローカル マシンにインストールされたオペレーティング システムによって異なる場合があります。

ユーザ

BIGLOBEメールを使用して作業を行う人です。

グループ

同じ人に頻繁にメールを送る場合、その人をグループに追加することができます。宛先を一人ずつ追加する代わりにグループを宛先として追加することができます。

外部メール アカウント

Google のメール アカウントなど、他のプロバイダでセットアップしたメール アカウントです。外部メール アカウントには、BIGLOBEメールからアクセスできます。

メール スレッド

元のメールに対する一連の返信メールのリストです。メール スレッドにあるすべてのメールは同じ件名になります。最新のメールは、最後に送信された返信メールになります。